白馬 林ペンション

スキー&スノーボード2004-2005

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

栂池自然園

e0079589_190346.jpg

栂池自然園は約3メートルの雪の下でした。
[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-29 19:00

ミツガシラ

e0079589_1241793.jpg

親海湿原に今盛り!
[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-28 12:41

開山祭

e0079589_9135218.jpg

昨日は開山祭、どうにか天気もち130人位の参加者が大雪渓トレッキングを楽しみました。それにしても雪が多いです。電池切れでこの一枚しか撮れませんでした。
[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-28 09:13

庭の片づけをしていると

 テラスの防腐剤塗りがあらかた終わり庭の片付けに入りました。大雪のせいで枝がかなり落ちていて結構大変です。 庭の石楠花の下を覗きこむと 花が咲いていました。ここはカタクリも咲くのですがその後にこれが
e0079589_916221.jpg

[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-11 09:17

冬眠から

 我がR1がついに冬眠から抜け出しました。  原因はキャブレター  水が冬眠中に結露によってか混入していました。これで気軽に出かけられます。  バンザイー!
[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-08 15:26

ゴールデン ウイーク

 今年のゴールデンウイークは後半に晴れが集中し、多くの人が白馬を訪れてくれたみたいです。 30日に金山沢から見た大雪渓上部がいつもより雪が多かったので、3日は大雪渓から小蓮華の大斜面から金山沢に目的地を変更しました。船越の頭について大雪渓を見ると最低コルの雪庇が崩壊して雪崩を誘発し大雪渓の杓子側を50メートル幅で4号雪渓の出会い付近までデブリが来ていました。 変更して正解だったかな?
4日は双子のコルから山城の平まで行き鑓温泉を目指しましたが、杓子から大きなデブリが出ていたのと鑓温泉がほとんど出ていないので、目的地を変更し樺平まで登り返し長走沢を滑りました。長走は何時行っても気持ちの良い沢です。

連休中に来て頂いたバイク
e0079589_21414476.jpg

スタックした車を助けた後、バイクを守り自らが谷に落ちたライダーが乗っていました。KTM
e0079589_21443711.jpg

私の冬眠から抜け出せないバイクを調べてくれたライダーが乗っていました。
e0079589_21473990.jpg

来週モトクロスデビューの女性ライダーが乗っていました。
[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-07 21:51 | アウトドア

針の木の雪崩

4月の下旬 針の木雪渓へ 雪崩救助犬の訓練で行ってきました。その時の訓練の様子は地元のテレビで放映されたのですが。その時のデブリの凄さ、発生点は大沢小屋の下流の沢でした。末端のデブリが堰堤で止まっていましたが、3階建てのビルくらいでした。
5月1日には本流で雪崩が その時の報道は
先ずは5月2日付各紙の見出し
信濃毎日
「氷の土石流」一気に
「多い残雪 高温・強風が誘発」
「雪・岩に空間 女性救出」
読売
「1メートルの雪塊が襲う」
「専門家 気温上昇、「表層」の可能性」
朝日
「氷の「土石流」山スキー襲う」
「救出は奇跡的 発生から5時間半」
毎日
「雪の中から「助けて」 女性の声、救助隊員に届く

記事の中身から
「沢という沢に雪崩の跡がある」(県警航空隊高山徳重操縦士) (信毎)
「 獣医師久野真由美さん(46)」は発生から約5時間半後に救助された。
救助にあたった関係者によると、ビーコン(発信機)の反応を頼りに捜索していたところ、雪の下から途切れ途切れに「助けて―」という声が聞こえた。
救出時、久野さんは衰弱していたが、救助隊員の問いかけに「大丈夫です」と話したという。」(朝日)
「現場の雪崩は氷のブロック状。県警航空隊の操縦士、高山徳重警部(48)は「土石流のようだった」と振り返る。掘り出すためには鉄製のスコップが必要なほど硬く、掘り出すために30分もかかったという。」(毎日)
「土石流の岩が氷にかわったよう」現場は直径1、2メートルのブロックが転がり、「1メートル掘り進むのに2、30分かかった」。雪崩に巻き込まれた5人は直径10mほどの範囲でみつかったという。」「久野さんは発生から4時間以上たった午後4時すぎに最後に見つかった。雪渓から外側に向かって押し出された雪と岩の間に挟まれ、わずかにできた空間で息をすることができ、奇跡的に助かった。」(信毎)
「救助用電波発信機「ビーコン」で「12メートル」の表示が出たため、近づくと雪の中から「助けて」という小さな声が聞こえた。救助隊が雪を掘り進むにつれ、「助けて」の声は大きくなり、約1メートルほど掘ると久野さんの顔が見えたため、さらに約2メートルを掘り続けて、ようやく救出。しかし、震えながら返事をするだけ。手は雪を掘ろうとした擦り傷が残り、ヘリコプターで運ばれて入院した。」(読売)
 
5時間 生存していたのですからあきらめないで堀り続けるべきですね。
[PR]
by ikuzo8000 | 2006-05-02 20:32 | 白馬



白馬での生活、四季を通しての山登りなど
by ikuzo8000
カテゴリ
全体
アウトドア
白馬
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism